top of page
検索
  • 執筆者の写真kaori

ニューボーンフォトっていつまで撮れるの?

更新日:2023年11月15日


こんにちは。BabyShushubのかおりです。



産後の問い合わせも多いニューボーンフォト。撮影日を決めたり打ち合わせをしたりなかなかバタバタしたやり取りになってしまいますが、私自身も長女のニューボーンフォトの予約は産後でした。無事に出産できるかわからない、妊娠中体調が万全じゃない中の撮影予約はなかなか仕切り高いものだとよく気持ちがわかります。

「産後3週間たっていますがまだ撮影できますか?」などとの問い合わせもよくあります。その事についてやそもそもニューボーンフォトってどんな撮影なのかを今回はお話ししていこうかと思います。



ニューボーンフォトとは、新生児期に撮影する赤ちゃんの記念撮影のことです。ここ近年で少しずつ日本に普及してきました。発祥地はアメリカです。アメリカは国土が広いため、普段会えない人のために、イベントごとにフォトカードを贈る習慣があり、その中の一つがニューボーンフォトで、日本でいうと出産報告のようなものです。


ニューボーンフォトは、赤ちゃんがお腹の中にいたときと同じ状態といわれる生後3週間以内の可愛い姿を写真に残します。その中でもポージングニューボーンフォトとナチュラルニューボーンフォトの2種類に分けられます。ポージングニューボーンフォトは、ママのお腹の中にいたときの姿を再現したポーズや、新生児の柔軟性を生かした独特のポーズで撮るものです。おくるみに包んだり小物を置いたりして、神秘的な写真を残します。BabyShushuでの撮影はこのポージングニューボーンフォトです。

もう一つのナチュラルニューボーンフォトは、赤ちゃんを迎えた日常をありのままに写すものです。赤ちゃんにポーズはさせず、自宅のお部屋の中で自然体の姿を収めるのが特徴です。(こちら希望する方はファミリーフォトにて承ります。)



そして生後3週間を過ぎてしまうと、ポージングニューボーンフォトを撮影することは難しくなります。このニューボーンフォトの撮影時期が短いことにいくつか理由があります。

 


・胎児のころの体の柔軟性がなくなっていく。

生まれたばかりの赤ちゃんは関節がとっても柔らかいです。まあるい姿勢でママのお腹に入っていたのでニューボーンフォトはお腹の中にいたときのような姿勢を再現するポージングが多いため、柔軟性が重要とされます。この柔軟性が徐々に低下していきます。


・生後3週間を過ぎたあたりから起きている時間が多くなる。

生まれてすぐの頃は多少の物音でも眠っていたのに、この頃から睡眠の質が変化したり起きている時間が長くなってきたりしてきます。ニューボーンフォトは基本眠っている赤ちゃんの撮影のため難易度が上がってきます。



とはいえ赤ちゃんにも個人差があり生後3週間を過ぎても、ぐっすり眠っている子もいれば生後3週間未満でもいつもと違う環境に敏感に感じとり「いつもはぐっすりなんだけどなー」という子もいます。また生後1カ月を超えていても非常に柔らかく柔軟性の高い赤ちゃんはいます。生まれたばかりの赤ちゃんですが1人1人個性があり、一概には言えないです。



生まれたばかりの頃もかわいいですし、お肉がついてムチムチした赤ちゃんの撮影も楽しいです。


なので産後迷っておられる方いましたらぜひ一度お問い合わせくださいね。






ニューボーンフォト、マタニティフォト、ファミリーフォトの撮影のご相談、お問い合わせ、ご検討中の方へ↓↓


  


BabyShushuメールアドレス→babyshushu.2022@icloud.com



福井県南条郡南越前町を拠点とした車で片道2時間程度まで

(福井市、鯖江市、坂井市,越前市,敦賀市etc..)








閲覧数:36回0件のコメント

Comments


bottom of page